検索

カテゴリ

サッカーネット用語一覧

索引

データ

・海外組成績一覧表

2008-2009  2009-2010  2010-2011  2011-2012

2012-2013  2013-2014  2014-2015  2015-2016

2016-2017  2017-2018

ランダム

二川くんっていつもああなの?

読み方:ふたがわくんっていつもああなの?

二川くんっていつもああなの?とは、代表招集された際に、一緒になった二川孝広があまりに無口すぎることを不思議に思った中村俊輔が、ガンバ大阪のチームメートであった加地亮に質問した時の表現である。

二川くんっていつもああなの?の元ネタは、やべっちFC内のなべっちFC(鍋をつつきながら矢部浩之と選手がトークする企画)で、代表合宿中に「一度も話さなかった相手はいる?」と聞かれた時に「二川くん」と答え、そのやり取りの中で「二川くんっていつもああなの?」は誕生した。

サッカーファンの間で二川くんは寡黙な男と知られ、数々の伝説を残している。

・サッカー有名校からの誘いを待ったがなかったので「ガンバでええか」と思ってセレクション受ける。

・セレクションに面接がなくてほっとした。あったら絶対滑ってると思っている。

・ユース時代監督から「なんでしゃべらないんだ?」と不思議がられた。

・少しでもしゃべれるようにしようとユース監督からキャプテンを命ぜられる。しかし練習終わりの反省会で「キャプテンなんかないか?」と聞かれても毎回「ありません」でおしきった。ので代わりに 副キャプの大黒が毎回しゃべった。

・しかしサッカーのプロになることには確信があった。

・トップに上がってからキャンプで松波と同部屋になるも押入れに引きこもる。

・松波が「口は重くてもパソコンなら」と松波のサイトの日記になにかメッセージを書くようパソコンの前に座らせるも固まって何も書かず。松波日記に「・・・」の文字?が・・・。

・広報の通称キョンキョンからつけられたあだ名は「ラブちゃん」

・某シーズンの初ゴールを誰からも祝ってもらえず後で気づいた児玉に「俺が祝って上げますよ!」と言われ二人で行った寿司屋でおごらされた。

・大黒には心は開いていない。唯一心を開いているのは児玉(現在清水にレンタル)。児玉と2人きりでサイパンに出かけバナナボートにも2人で乗る。発した言葉が「あーこわー」。

・遠征のとき、みんなで花火をすることになったが、「エエわあ、部屋おるわ」とひとりでテレビを見る

・「フタのオカンはフタそっくり」らしい (オカンだけでなく、おばあちゃん、お兄さんもソックリ。おばあちゃん→年取ったフタ オカン→中年フタ 兄→太ったフタ )

・合宿で大黒・中山とテレビゲームをやり、負けそうになったので、ゲーム機をリセット。「ああバグったバグった」と誤魔化したけど、ふたりにはバレバレ。

・『スーパーさぶっ劇場!』で幽霊キャラにされ、「なんか暗~い感じなので、次はイメチェンで!」とお願いしたところ、今度は"熟成中"キャラに。

・西野監督から背番号10番を薦められるも固辞。西野さんから「契約更改させないぞ」と脅されて仕方なく10番を背負う。

・その年の目標ゴールを聞かれて「5」と答えたが西野さんから「背番号!」と脅され仕方なく「10」に訂正。

・結果は5ゴール。感想を聞かれ「自分的には満足」

・デコと同じ赤いスパイクをオーダーして履いていたが「目立ちたいの?」と聞かれ封印。

・普段無口だが女性には「ダメ元なんで」積極的w

・ゲームで途中形勢不利になったのを指摘されたら「終わってから言え」と凄む

・大黒とラジオ出演し、タイトルコールを頼まれ、超棒読みで
「俺のスルーパスに反応して………くれや」。リスナー大爆笑。

このラジオでは無口のあまり放送事故寸前場面が何度もありパーソナリティーを何度もあわてさせた挙句、最後に番組の感想を聞かれ「ゲームコーナーは盛り上がりました。」と発言、パーソナリティーを「私の立場が・・・」と絶句させる。

・お父さんお兄さんも無口なので家ではお母さん一人でしゃべっている。

・スポンサー訪問に行ったら父親働いているの部署だった。OLさんから「二川さんの息子さん?」とささやかれて恥ずかしがる。

・オフの過ごし方は?→「寝てます」(即答)

・サッカーはいつから?→「小学校くらいの時に遊んでたら誘われた」

・スカウトですね!→「人数集めじゃないっすか」

・好きな食べ物は鍋。自分で材料買って来て作る

・最近怒ったことは?→ポイ捨ては許されません。「ポイッって捨てたのを見た瞬間とか、もう…。もうガツンと言ってやりたいんですけど…言えません。」

・グァムキャンプでサポへのプレゼントに不思議な石鹸をチョイス

・小池さん並にラーメンをこよなく愛する男。ラーメンはカフェでお茶するようなもの、らしい。

・05シーズン中のインタビューで「10番はいつでも譲ります」と明言

・ひっそりこっそりがモットー。「引退試合などは無し。長くやってひっそりこっそり引退したい」

・選手名鑑の選手紹介欄に「愛らしい笑顔がまたいい」と書かれたことがある

・ファン感謝デーのジェスチャーゲームでお題「バイオリン」が当たった時、必死でバイオリンのジェスチャーをするも、みんなおもしろがってわざと答えないので延々無表情で透明バイオリンを引き続けた。

・むかしのインタビューでは、とくい料理は「キャベツ炒め」

・合宿のとき、ひとりでひっそりと段ボールで土手を楽しそうに滑っていた

・どんなことでも3つ願いが叶うとしたら何? 1.楽して暮せる 2.明るい家庭を持つ 3.長生き

・サッカー引退したらどうなるんやろうって不安ですね…。と発言。

・中東遠征はスーツケースがなくて布のショルダーバックでいって重かった。

・日本選抜の合宿では田中隼麿、中東合宿では佐藤寿人に話しかけてもらうなど気を使ってもらう。

・初の代表選出後、帰国報告に球団社長を訪れ挨拶。「普通にしゃべってた」と社長を感激させる。

・車検が切れたためベンツからポルシェに乗り換え。

引用元

「二川くんっていつもああなの?」に関連するサッカーネット用語

サンキュー坂田
サンキュー坂田とは、2002年10月31日にカタールで開催されていたAFCユース選手権2002決勝、日本対韓国の試合中に大熊清監督(当時U-19日本代表監督)から...
大迫半端ないって
大迫半端ないってとは、2009年1月5日に行われた第87回全国高等学校サッカー選手権大会準々決勝、滝川第二対鹿児島城西の試合終了後、ロッカールームにて滝...
最高のベンゼマを約束する
最高のベンゼマを約束するとは、レアル・マドリードに所属するカリム・ベンゼマがファンに対して行った決意表明である。リヨンで07-08シーズン31得点、08...
うっさいんじゃボケ
うっさいんじゃボケとは、セレッソ大阪に所属していた南野拓実が同僚のカカウに対して言い放ったとされる暴言である。2014年11月22日、ユアテック...
あえてね
あえてねとは、ACミランに所属する本田圭佑選手の名言・迷言である。2014年、低迷していたACミランを救う救世主としてチームに加入したが、期待された...
浦和に期待したボクがバカでした
浦和に期待したボクがバカでしたとは、FC東京の降格が決定した最終節・京都戦後に権田修一の口からこぼれた悲痛な叫びである。2010年、最終節、降格枠は残り1つ...
前園さんの言うとおり
前園さんの言うとおりとは、1997年、マンダムから発売されたヘアクリーム・洗顔ウォーター「ASI's」のCMに起用された前園真聖のセリフである。前園が出演した...
チームがバラバラじゃねえか
チームがバラバラじゃねえかとは、大分トリニータサポーターが選手に言い放った忠告のこと。熱狂的な大分サポーターとトリニータの選手、高松大樹・上本大海の...
見せてくれ内田
見せてくれ内田とは、内田篤人が起用されたソニー製テレビ・BRAVIAのCMのナレーションの台詞のこと。「魅せてくれ内田」と使われることもある。...BRAVIAは、...
なんなんすかこれ
なんなんすかこれとは、AFCアジアカップ2011のシリア対日本を解説していた松木安太郎の名言である。AFCアジアカップ2011は、放映権を持つテレビ朝日系列で放送...
ふざけたロスタイム
ふざけたロスタイムとは、AFCアジアカップ2011のシリア対日本を解説していた松木安太郎の名言である。略して「ふざロス」。ふざけたロスタイムは、...
カツ丼食ったからね
カツ丼食ったからねとは、2013年11月16日に行われた、国際親善試合ベルギー対日本を解説していた松木安太郎から飛び出した名言である。ベルギー対日本は...
それはごもっともだけどオレの考えは違った
それはごもっともだけどオレの考えは違ったとは、北京オリンピック、グリープリーグ第3戦のオランダ戦後に本田圭佑が発言した名言である。元ネタは...
正解じゃない
正解じゃないとは、アジア杯予選香港戦の試合後に岡崎慎司との会話から生まれた中村俊輔の名言である。香港戦の後半45分、岡崎はドリブル突破でペナルティエリア...
セビリアはどうしたのかな?
セビリアはどうしたのかな?とは、09-10シーズン、CSKAモスクワが本田圭佑の直接FKからの決勝ゴールで、セビージャを1-2で下し、CLベスト8進出を決めたことを...

PAGE TOP