検索

カテゴリ

サッカーネット用語一覧

索引

データ

・海外組成績一覧表

2008-2009  2009-2010  2010-2011  2011-2012

2012-2013  2013-2014  2014-2015  2015-2016

2016-2017  2017-2018  2018-2019

ランダム

それはごもっともだけどオレの考えは違った

読み方:それはごもっともだけどおれのかんがえはちがった

それはごもっともだけどオレの考えは違ったとは、北京オリンピック、グリープリーグ第3戦のオランダ戦後に本田圭佑が発言した名言である。

元ネタは以下の記事。

男子1次L最終節(13日、瀋陽五輪センター体育場)
すでに1次リーグ敗退が決まっていた日本はオランダに0-1で敗れ、
3連敗で大会を終えた。
16チーム参加の現行方式となった80年モスクワ大会以降、
4度目の五輪出場で、初めて1勝もできない屈辱。
反町康治監督(44)に対する造反劇まで発生し、後味の悪い終焉となった。

06年7月の結成から2年。
反町監督は「選手の動き自体は悪くなかった」。
本気のオランダ相手に善戦したと評価した。
ところが、選手からは思わぬ言葉が続出。

「監督から“オランダは巧いから深追いしなくていい”といわれた。
それはごもっともだけどオレの考えは違った。
そんなに怖くない。
圧倒できると思ったから前から行こうと。
他の選手に話したら全員、それでいくとなった」とMF本田圭。
引用元

受け止め方によっては、監督批判に聞こえる発言にネットユーザーから「口田圭(口だけ)」「代表の問題児だな」「ゆとりジャパン」などと批判を浴びた。

また発言にインパクトがあったことから他者の意見に対して「それはごもっともだが俺の考えは違った」と返信するネタとして使われるようになっていった。

「それはごもっともだけどオレの考えは違った」に関連するサッカーネット用語

サンキュー坂田
サンキュー坂田とは、2002年10月31日にカタールで開催されていたAFCユース選手権2002決勝、日本対韓国の試合中に大熊清監督(当時U-19日本代表監督)から...
大迫半端ないって
大迫半端ないってとは、2009年1月5日に行われた第87回全国高等学校サッカー選手権大会準々決勝、滝川第二対鹿児島城西の試合終了後、ロッカールームにて滝...
最高のベンゼマを約束する
最高のベンゼマを約束するとは、レアル・マドリードに所属するカリム・ベンゼマがファンに対して行った決意表明である。リヨンで07-08シーズン31得点、08...
あえてね
あえてねとは、ACミランに所属する本田圭佑選手の名言・迷言である。2014年、低迷していたACミランを救う救世主としてチームに加入したが、期待された...
浦和に期待したボクがバカでした
浦和に期待したボクがバカでしたとは、FC東京の降格が決定した最終節・京都戦後に権田修一の口からこぼれた悲痛な叫びである。2010年、最終節、降格枠は残り1つ...
前園さんの言うとおり
前園さんの言うとおりとは、1997年、マンダムから発売されたヘアクリーム・洗顔ウォーター「ASI's」のCMに起用された前園真聖のセリフである。前園が出演した...
チームがバラバラじゃねえか
チームがバラバラじゃねえかとは、大分トリニータサポーターが選手に言い放った忠告のこと。熱狂的な大分サポーターとトリニータの選手、高松大樹・上本大海の...
見せてくれ内田
見せてくれ内田とは、内田篤人が起用されたソニー製テレビ・BRAVIAのCMのナレーションの台詞のこと。「魅せてくれ内田」と使われることもある。...BRAVIAは、...
なんなんすかこれ
なんなんすかこれとは、AFCアジアカップ2011のシリア対日本を解説していた松木安太郎の名言である。AFCアジアカップ2011は、放映権を持つテレビ朝日系列で放送...
ふざけたロスタイム
ふざけたロスタイムとは、AFCアジアカップ2011のシリア対日本を解説していた松木安太郎の名言である。略して「ふざロス」。ふざけたロスタイムは、...
カツ丼食ったからね
カツ丼食ったからねとは、2013年11月16日に行われた、国際親善試合ベルギー対日本を解説していた松木安太郎から飛び出した名言である。ベルギー対日本は...
正解じゃない
正解じゃないとは、アジア杯予選香港戦の試合後に岡崎慎司との会話から生まれた中村俊輔の名言である。香港戦の後半45分、岡崎はドリブル突破でペナルティエリア...
セビリアはどうしたのかな?
セビリアはどうしたのかな?とは、09-10シーズン、CSKAモスクワが本田圭佑の直接FKからの決勝ゴールで、セビージャを1-2で下し、CLベスト8進出を決めたことを...

PAGE TOP