検索

カテゴリ

サッカーネット用語一覧

索引

データ

資料室

ランダム

調子乗り世代

読み方:ちょうしのりせだい

調子乗り世代とは、カナダで行われたFIFA U-20ワールドカップ2007に参加した1987年から1988年生まれのサッカー選手たちのこと。

調子乗り世代の由来は、カナダU-20ワールドカップに参加していた選手たちがゴール後に「ビリーズブートキャンプ」「かめはめ波」などのパフォーマンスで注目集めたことから調子乗り世代と呼ばれるようになった。「お調子者世代」や「悪ガキ世代」と表現されることもある。

調子乗り世代は谷底世代(北京世代)にも含まれる。

・調子乗り世代の代表的な選手

槙野智章・安田理大・内田篤人・森重真人・太田宏介・梅崎司・田中亜土夢・柏木陽介・ハーフナーマイク・森島康仁・香川真司

「調子乗り世代」に関連するサッカーネット用語

黄金世代
黄金世代とは、AFC U-16選手権1994カタール大会で優勝した世代「79年組(1979年生まれ)」のこと。これまで日本はAFC U-16選手権で優勝経験がなく、カタール大会...
谷間世代
谷間世代とは、アテネ五輪に参加する資格を持つ1981年から1984年生まれまでのサッカー選手を指している。「アテネ世代」とも呼ばれる世代である。谷間世代は、...
谷底世代
谷底世代とは、1986年から1988年に生まれたサッカー選手の世代のことである。北京五輪に参加する資格を持った年代のことで「北京世代」と呼ばれることもある。谷...
新・黄金世代
新・黄金世代とは、シンガポールで開催されたAFC U-17選手権2006で12年ぶりの優勝を果たした1990年生まれの日本のサッカー選手のこと。柿谷曜一朗が決勝の北朝鮮...
プラチナ世代
プラチナ世代とは、1992年生まれのサッカー選手の世代のこと。韓国で開催されたMBC国際ユーストーナメントでU-13日本代表が優勝するなど、黄金世代を超える...
無慈悲世代
無慈悲世代とは、1994年生まれのサッカー選手の世代のこと。94年生まれということで94JAPANと総称することもある。元ネタは、2011年にメキシコで開催された...

PAGE TOP