検索

カテゴリ

サッカーネット用語一覧

索引

データ

資料室

ランダム

チームがバラバラじゃねえか

読み方:ちーむがばらばらじゃねえか

チームがバラバラじゃねえかとは、大分トリニータサポーターが選手に言い放った忠告のこと。熱狂的な大分サポーターとトリニータの選手、高松大樹・上本大海のやり取りから2009年に誕生した。

ネット上でよく使われる関連用語の「みんなちゃんとまとまてるよ」「次は絶対勝つ」「その言葉、信じていいんだな」もこのやり取りから生まれた。

チームがバラバラじゃねえかは、大分トリニータが極度な成績不振に陥ったことや大口スポンサーの撤退により経営危機が表面化したことでサポーターの不平不満が募ったことが背景としてある。

リーグ戦では、第四節から第十四節まで11連敗。そんな状況の中、6月28日J1第十五節、ホームに鹿島を迎える。後半54分、清武弘嗣のゴールで先制するも、後半61分、小笠原満男にゴールを許し追いつかれてしまう。続く後半72分、岩政大樹に決められ逆転されてしまい、このまま試合終了。トリニータは泥沼の12連敗。

鹿島に敗戦後、選手たちがゴール裏サポーターへ挨拶をする中、トリニータの選手とサポーターのやり取りが始まる。

・トリニータの選手とサポーターのやり取り

大分サポーターが水をかける

高松「あっちょ水!水をかけるのはやめてよ。そういうの★◎■△○」

ここで大分の選手が怒鳴る

大分の選手「★◎■△○だろうがあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

高松「ここで喧嘩しても意味ないから落ち着いて話そう!意味ないでしょ!」

高松「ちょみんな負けてんの悔しいよそりゃ。サポーターもみんな悔しいと思う。俺らも悔しい。でもここでみんなが逃げたら意味ないと思う。また1から0からみんなで戦うしかないんだから、しっかりみんなで頑張ろうよ。選手もみんな頑張るし。みんな大分のためにやろうって気持ちは一緒なんだから。そこがみんなバラバラになったらJ2へ落ちると思うし」

サポ「いい。喋らんでいい」

高松「いやいやいやいいよ。みんながバラバラになるのが悪いと思うんだよ」

サポ「あのさあのさあのさ、ちょっとちょっとさちょっと聞き返して欲しいんだけどさ。選手はちゃんとまとまってんの?」

高松「選手はみんなチームのために頑張ると思ってるよ」

サポ「ほんとにまとまってんの!?」

高松「まとまてるよみんなで!」

サポ「俺たちは!俺たちは!それを信じて応援するしかねーんや。ほんとにお前らひとりひとりまとまってんの!?」

高松「いや俺たちはみんな頑張ってグラウンドで結果出そうとしてるよ。」

サポ「お前は絶対言えるんやな!?」

高松「言えるの!みんな頑張ってるよ」

サポ「信じtそれを信じて応援していいんやな!?じゃあ」

高松「いい、いい。それは信じてもらうしかない。グラウンドで結果出すしかない」

サポ「★◎■△○じゃねぇ、それはもう確実やな!じゃあ!みんなまとまって、勝利のためにみんながチームがまとまってやってんだな?」

高松「みんなまとまてやってるよ。だからこうやってみんなでまとまてるし」

ここで高松が上本大海にメガホンを渡す

上本「お互いが~信じ合えなかったら、大分自体がまとまんないってことじゃん。だから俺らもサポーターも信じるし、サポーターも信じて欲しいじゃん。そのために俺らがこれからピッチで証明するから」

サポ「じゃあ信じていいんやな?お前」

上本「信じていいよ」

サポ「じゃあ次の試合どうするんや?次の試合、大海、次の試合どうする?」

上本「絶対勝つって。おいみんな頼むよじゃあ応援」

ここで大分サポーターが沸き立つ

上本「次は絶対勝つぞー!!」

サポ「絶対勝ってくれよー!!!」

ここでトリニータ合唱が始まる

サポ「ババンババンバン(手拍子)トーリニータ!(大合唱)ババンババンバン(手拍子)トーリニータ!(大合唱)ババンババンバン(手拍子)トーリニータ!(大合唱)ババンババンバン(手拍子)トーリニータ!(大合唱)ババンババンバン(手拍子)トーリニータ!(大合唱)・・・」

翌週行われた第十六節、大分トリニータは、千葉に1-2で敗戦している。続く第十七節、ジュビロ磐田に1-3で敗戦し14連敗となった。第十八節の浦和戦で勝利し連敗を止めるが、この年J2へ降格している。

このサポーターと選手のやり取りがネット上で話題となり、チームが連敗した時などに改変して使われるネタとなっていった。

ネット上で貼られる以下のコピペは上記のやり取りを簡略化したもの。

サポ「チームがバラバラじゃねえか」
高松「みんなちゃんとまとまてるよ」
サポ「やる気あんのか!」
上本「次は絶対勝つ」
サポ「その言葉、信じていいんだな」
上本「次は絶対勝つ」
サポ「トーリニータ(大合唱)」

元ネタ動画

「チームがバラバラじゃねえか」に関連するサッカーネット用語

サンキュー坂田
サンキュー坂田とは、2002年10月31日にカタールで開催されていたAFCユース選手権2002決勝、日本対韓国の試合中に大熊清監督(当時U-19日本代表監督)から...
大迫半端ないって
大迫半端ないってとは、2009年1月5日に行われた第87回全国高等学校サッカー選手権大会準々決勝、滝川第二対鹿児島城西の試合終了後、ロッカールームにて滝...
最高のベンゼマを約束する
最高のベンゼマを約束するとは、レアル・マドリードに所属するカリム・ベンゼマがファンに対して行った決意表明である。リヨンで07-08シーズン31得点、08...
あえてね
あえてねとは、ACミランに所属する本田圭佑選手の名言・迷言である。2014年、低迷していたACミランを救う救世主としてチームに加入したが、期待された...
浦和に期待したボクがバカでした
浦和に期待したボクがバカでしたとは、FC東京の降格が決定した最終節・京都戦後に権田修一の口からこぼれた悲痛な叫びである。2010年、最終節、降格枠は残り1つ...
前園さんの言うとおり
前園さんの言うとおりとは、1997年、マンダムから発売されたヘアクリーム・洗顔ウォーター「ASI's」のCMに起用された前園真聖のセリフである。前園が出演した...
見せてくれ内田
見せてくれ内田とは、内田篤人が起用されたソニー製テレビ・BRAVIAのCMのナレーションの台詞のこと。「魅せてくれ内田」と使われることもある。...BRAVIAは、...
なんなんすかこれ
なんなんすかこれとは、AFCアジアカップ2011のシリア対日本を解説していた松木安太郎の名言である。AFCアジアカップ2011は、放映権を持つテレビ朝日系列で放送...
ふざけたロスタイム
ふざけたロスタイムとは、AFCアジアカップ2011のシリア対日本を解説していた松木安太郎の名言である。略して「ふざロス」。ふざけたロスタイムは、...
カツ丼食ったからね
カツ丼食ったからねとは、2013年11月16日に行われた、国際親善試合ベルギー対日本を解説していた松木安太郎から飛び出した名言である。ベルギー対日本は...
それはごもっともだけどオレの考えは違った
それはごもっともだけどオレの考えは違ったとは、北京オリンピック、グリープリーグ第3戦のオランダ戦後に本田圭佑が発言した名言である。元ネタは...
正解じゃない
正解じゃないとは、アジア杯予選香港戦の試合後に岡崎慎司との会話から生まれた中村俊輔の名言である。香港戦の後半45分、岡崎はドリブル突破でペナルティエリア...
セビリアはどうしたのかな?
セビリアはどうしたのかな?とは、09-10シーズン、CSKAモスクワが本田圭佑の直接FKからの決勝ゴールで、セビージャを1-2で下し、CLベスト8進出を決めたことを...

PAGE TOP