検索

カテゴリ

サッカーネット用語一覧

索引

データ

資料室

ランダム

地蔵

読み方:じぞう

地蔵とは、積極的に走らない選手に送られる汚名のこと。具体的な例として「守備を放棄」「パスをした後突っ立っている」「味方のフォローをしない」「カウンターの場面で守備の人数が足らないのに追わない」「走行距離が少ない」選手に対して用いられる。極端に運動量が少ない選手を指す。

地蔵と呼ばれる代表的な選手は、海外サッカーであればメッシ。Jリーグでは家長昭博などが挙げられる。

実際にメッシの走行距離は、極端に少ないと言われている。ちなみに多い選手でだいたい12、13km走ると言われている。

メッシは全ての試合で惜しみなく体力を消費するわけではなく、体力を温存することを知っている。今シーズンのリーガでのメッシの1試合平均走行距離は7.9kmであり、これはクリスティアーノ・ロナウドの9kmをだいぶ下回る。全試合の合計走行距離はメッシが31,265km、ロナウドが61,085kmだ。

引用元

家長昭博は、元々運動量が少なく、一部のサッカーファンから地蔵と呼ばれていたが、広く知れ渡るようになったのは、2010年第30節に行われたモンテディオ山形対セレッソ大阪戦がきっかけである。乾からのパスを受けた家長がアドリアーノへパスを送る。家長はパスをした後にまるで電柱のように一歩も動かずその場に立ち尽くす。このプレーがサッカーファンの間で広がり、地蔵のお手本のようだと話題となった。

・元ネタ動画

「地蔵」に関連するサッカーネット用語

ガヤる
ガヤるとは、2012年にガンバ大阪の正ゴールキーパーとしてプレーしていた藤ヶ谷陽介が、シーズン中、失点に繋がるミスを何度も繰り返したことから揶揄して作ら...
グアリン砲
グアリン砲とは、かつてセリエAのインテルに所属していたフレディ・グアリンが放つ、シュートスピードの速い強烈なミドルシュートのこと。グアリン砲は、ゴール...
骨盤パニック
骨盤パニックとは、宇佐美貴史が名付けたドリブルテクニックのこと。ドリブルで対峙する選手の骨盤がパニックに陥るから骨盤パニック。骨盤パニックの語源は、2010...
アシスト未遂
アシスト未遂とは、得点に直結するような決定的なパスを出すも、パスを受けた選手がシュートを決められず、アシストを逃してしまった時の表現。他にも「実質...
DFW
DFWとは、点を取ることを求められるFWというポジションで前線から献身的にディフェンスをしてくれる選手に対してネット上で使われる表現。ディフェンダーを...
大切な君へ
大切な君へとは、元バトミントン日本代表で小椋久美子とダブルスを組みオグシオと人気を誇った潮田玲子が、柏レイソルに所属していたプロサッカー選手増嶋竜也へ...
セレ女
セレ女とは、セレッソ大阪を応援する熱烈な女性サポーターのこと。セレ女は、セレッソ女子を略してセレ女。セレ女は、2013年から用いられるようになった...
アジジ作戦
アジジ作戦とは、イラン代表のコダダド・アジジが日本代表との試合前日、報道陣の前に車椅子で現れたにも関わらず、翌日の試合にスターティングメンバーとして...
金満クラブ
金満クラブとは、豊富な資金力(オーナーの資金力・放映権料・入場料・スポンサー収入など)を使って他クラブから即戦力(ビッグネーム)選手を獲得し、大型補強...
自分たちのサッカー
自分たちのサッカーとは、日本の選手たちが追い求めるサッカースタイルのこと。インタビューで選手が多用する言葉として知られている。例として「自分たちの...

PAGE TOP